16、運命〜さだめ〜

 

『運命〜さだめ〜』

作詞・作曲/響貴永幸

(完成日 2010年11月28日) 

 

嗚呼 慟哭のような悲痛な叫びが 闇夜を切り裂く 

嗚呼 出逢ってしまった人の汚さに 心蝕まれ 

 

信じて 裏切られては 

人を憎み 嫌気がさす日もあるけれど 

 

それでも貴方に出逢えた

偶然という名の 必然を誇れるように 

私はこれからもずっと貴方と

笑って生きていきたいから 

誰もが背負う孤独さえ愛し 

歩いて行くのが 生きる運命 

 

 

嗚呼 街を一人きり行くあてさえ無く 彷徨い歩く 

嗚呼 すれ違う人の影を追いかけて 居場所探したけど 

 

近づけば 近づくほど 

切れた絆の糸は他人より遠くて 

 

それでも貴方に出逢えた 

偶然という名の 必然を誇れるように 

もう二度と逢えないとしても私は 

貴方に感謝してるから 

どこかの街で同じ空眺め 

生きているだけで 繋がってるから 

 

貴方に出逢えた全てが 

私の人生の 宝だと誇れるように 

貴方を決して忘れはしないから 

貴方も忘れないでね 

いつの日かきっと 逢えるその時まで 

互いの道を歩いて行きましょう 

それが人に生まれた 生きる運命