22、哀歌〜あいか〜

 

『哀歌〜あいか〜』

作詞・作曲/響貴永幸

(完成日 2012年3月27日)

 

木枯らしが吹く街を一人で

歩けばいつも思い出される

貴方と寄り添い歩いた日々を

知らない誰かと重ね合わせて…

 

すれ違う恋人達

見れば何故か切なくなるの

いるはずのない貴方が

隣にいる気がして…

 

貴方を想えば胸が苦しくて

二度と逢えないと分かってるのに

忘れようとすれば思い出すの

私の心あの日から動けない

動けない…

 

 

クリスマスになれば街がざわめき

恋人達は夜に溶け行く

ショウウィンドウに咲くネオンの光

眩しい程に心 虚しい

 

二人で行ったあの店で

初めて買ったペアリングを眺め

優しい貴方の横顔を

思い出せば涙溢れて… 

 

貴方を想えば胸が苦しくて

二度と逢えないと分かってるのに

忘れようとすれば思い出すの

私の心あの日から動けない

貴方を想えば胸が苦しくて

二度と逢えないと分かってるのに

忘れようとすれば思い出すの

私の心あの日から動けない

動けない 動けない 動けない…

 

木枯らしが吹く街を一人で

歩けばいつも思い出される

貴方と寄り添い歩いた日々を

知らない誰かと重ね合わせて…